冷凍ストックでいつでもグリーンスムージー

スポンサードリンク





自宅に冷凍ストック!手軽に美容健康ドリンクを作ろう〜グリーンスムージー編〜

 

こんにちは!タツノオトシゴです。

今回は僕が普段よく作って飲んでいるグリーンスムージーのレシピを紹介したいと思います。

最近は野菜や果物の値段が高騰してますね〜!

野菜や果物はビタミンや栄養の含有量が豊富なので、できれば毎日摂取したいですよね。
しかし、毎日コンスタントに野菜や果物を食べるというのも中々難しいんですよね。
上記のコストの問題もあるし、サラダを作るのもなんだかんだめんどくさいし、痛みやすい野菜や果物なんかが冷蔵庫にあると謎のプレッシャーだし、そもそも冷蔵庫に入れていて腐るまで気づかないというパターンもあるかもしれない。
夏場だと虫の発生要因にもなるしで結局サプリメントや健康飲料でビタミン類を摂取している人も多いんじゃないかと思います。

そんな方々にオススメなのがスムージーです。
僕もスムージーなんて意識高い系の人が飲むもんで、自宅で作るにはめんどくさい、と高を括っていた節があるんだけど、実際に自分で作って飲むようになってからはその魅力に取り憑かれ、3日に1回ぐらいのペースでスムージーを作っている。

参考にするレシピ元は主に2箇所。
クラシルというアプリと、平野奈津さん著の「人気カフェのスムージーが自宅で作れる!かんたんレシピ122」というレシピ本だ。こちらのレシピ本はKindle版が無料で提供されていたのをキッカケにダウンロードしてiPadで眺めている。平野さんは実際にスムージー屋さんも営んでいる方のようで、彼女の紹介するスムージーはどれも手軽で美味しいスムージーばかりだ。
興味のある方は是非ダウンロードすることをオススメしたい。

さて、前置きが長くなったが、よく作るグリーンスムージーのレシピを公開しておきます。
材料は↓のとおり

グリーンスムージー 材料(1人分〜2人分)

     ・バナナ 1/2本
     ・キウイ  1/2本
     ・りんご  1/4個
     ・ほうれん草or小松菜 2束
     ・牛乳or豆乳 コップ半分くらい
     ・オリゴ糖 大さじ一杯程

↑上記の材料をご自宅のミキサーにブッこんで混ぜるだけです!
簡単にレシピの解説をしていきますね。

フルーツ類の分量が少なく感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、果物もたくさん摂りすぎてしまうと果物に含まれる果糖成分の過剰摂取ということで肌荒れの原因になったりします。

結構昔から肌が弱い僕は糖分は果物で摂れば肌にいいんじゃね?!と考えた時期があって、実際にフルーツをガンガン食いまくってた時期がありましたし、このグリーンスムージーに使うフルーツの分量も倍にして飲んでいたりしました。

でも大人ニキビや頭皮にガンガン出来物ができるんですよ。
それで評判の良い皮膚科の先生にそれを話したら、全体的に分量を減らした方が良いと指示されて↑の分量がちょうど良いという結論に達しました。説得力あるでしょ?w
何事もバランスという事ですな〜。

バナナはカリウムビタミンBCセロトニンガン予防にも良いというスーパーフルーツですね。
ご飯、食パン1/2分の満腹感をくれることでも有名で、一時期バナナダイエットが流行りましたね。

キウイは食物繊維ビタミンCミネラルなんかが入ってて、毎日でも食ったほうが良さげですね。
ちなみにキウイの原産地のオーストラリアでは皮ごと食うみたいです。僕も皮ごと食べてみた事ありますが、そんなに食えないこともなかったのが驚きでしたね。ただ、衛生的にあんまりオススメしませんがね。

りんごは僕の出身地の青森県の名産品。ビタミンAビタミンCポリフェノールペクチンカリウムセルロースと、後半はよくわからない栄養素がありつつも、これまた栄養価の高いフルーツです。ポリフェノールは特に皮の部分に多いので皮ごと丸かじりがオススメです。

僕の実家では津軽の方のりんご農家のお知り合い(じーちゃんのコネクション)の方がよく大きな箱で冬の間毎日食ってもなくならないぐらいのりんご(正確には売り物にならない訳あり品)をタダで分けてくれたので、りんごはタダで貰う物だと思ってました。はい。
採れたての上質なりんごは信じられないくらいジューシーで甘みもある。蜜が入っているりんごは良いりんごという認識をじーちゃんやばーちゃんに植えつけられて育ったので美味しいりんごを見分けるのは得意です。ふるさと納税とかで食べてみてください。スーパーに出回ってるりんごより美味しいはず。

続いて野菜、今回のスムージーのカラーを決める緑役。

ほうれん草はビタミンCβカロテン鉄分カリウムマンガンと、やはり高い栄養価が含まれてます。最近はスーパーでも中々安売りしてくれないので、安売りされている時はまとめ買いしましょう。おひたしにしたり、中華炒めにしたり、パスタに入れたりと色んな食べ方できますよ。

小松菜は天然のマルチサプリと呼ばれているほど。 緑黄色野菜の特徴成分であるβ-カロテンをはじめビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類、カルシウムや鉄分などのミネラル類食物繊維も多く、低カロリーな野菜の中では栄養価は豊富です。

ほうれん草や小松菜はどちらかお好みの野菜を使ってもらえれば良いです。コスト面で比較すると、小松菜の方が一般的に安いと思うので経済面を考えるなら小松菜が良いかと。
僕は小松菜が多いが、緑くささというか、ナチュラルな素材を使っているので当然なのだけど、当然青臭さは若干出てしまいます。
ほうれん草はほうれん草の青臭さが、小松菜は小松菜の青臭さがそれぞれでます。
生ジュースの醍醐味でもあるのですが。

そして水分の牛乳と豆乳。こちらもお好みですね。
牛乳だとマイルドになるのでスムージーとしては牛乳を使う事をオススメします。上記の野菜の青臭さも比較的隠れてくれる気がします。
対して豆乳を使うメリットはやはりヘルシーだという事に尽きると思います。デメリットをあえて挙げるとすれば、牛乳に比べてやや淡白なので野菜の青臭ささが強調されてしまうことぐらいですかね。僕は豆乳しか使ったことありませんが、参考までに。

そして最後の甘みをつける為のオリゴ糖!

聞きなれない方も多いかと思いますが、スーパーに売ってます。
なぜ砂糖やハチミツではなくオリゴ糖なのかというと、これにもきちんと理由がありまして、砂糖やハチミツだと液体に溶けにくいとうこともありますが、1番他の甘味料と違う点は、「胃や腸にほとんど吸収されない」という点だと思います。
なので実際のカロリーはほぼないのでダイエットしている方や美容を気にしている方には嬉しいのではないでしょうか?

今回紹介したフルーツも野菜も、基本的に細かく切っておいてジップロックなんかに入れて冷凍保存しています。
使う時だけ出していつでもすぐに新鮮栄養たっぷりなスムージーが作れちゃいます。
バナナも入っているので結構腹持ちも良いので朝ごはんにもオススメですし、サラダ感覚で食事前に飲んでも良いです。

美味しく簡単に栄養が摂れるので皆さんも是非作ってみて下さい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です