豚バラ丼シリーズ第2弾!特製ダレで白米が止まらない豚焼肉丼レシピ公開!

スポンサードリンク



豚バラを使った丼レシピ第2弾は”焼肉”

 

こんにちは!タツノオトシゴです(@Phycodurus3

ご無沙汰しておりました。

最近は就活などをしていて現実が忙しくなってきてしまったので、更新できてませんが、気にしてません。すいません。はい。

今後も気が向いた時に更新しますのでよろしくお願いします。

さて、以前紹介した豚バラを使った丼レシピが、思いの外反響があったので、今回は第2弾と称して、再び豚バラを使った丼レシピをご紹介します!

 

前回紹介した豚バラ丼第1弾  >

 

 

材料

 

早速材料から晒していきます!

材料(2人分)
  • 豚バラ肉(5mm厚ぐらいのスライスが望ましいです)…..200g
  • キャベツの千切り…..適量

【特製ダレ】(全部合わせておきましょう)

  • しょうゆ…..大さじ2
  • みりん…..大さじ1
  • ハチミツ…..大さじ1
  • …..大さじ1
  • しょうが…..10cmくらい
  • にんにく…..10cmくらい
  • とうがらし…..少々
  • 炒りごま…..少々
  • 紅生姜…..お好みで

 

 

材料はこんな感じです!

ご家庭にある調味料で出来ます。

生姜やニンニクは国産のすりおろしたものを用意するに越したことはないのですが、そんなの”めんどくさいわ〜”という方がほとんどだと思うので、チューブタイプのものを前提に記載しました。

すりおろしたものを使いたい場合は生姜・ニンニク共に一片ずつほどの量が適量かと。

この辺りはお好みで調整してみて下さい。

個人的に揃えておくことをオススメする材料としては、キャベツと紅ショウガです。

今回の特製ダレは実は地元青森の焼肉のタレ↓に着想を得たタレなので味が若干濃いめに仕上がります。

 

 

そこでキャベツと紅ショウガがあるといいアクセントになって最後まで飽きずに完食することができます!

何よりキャベツと紅ショウガがあったほうが、より美味いです。

 

 

作り方

 

続いて調理のHow Toを”コジローくん”に解説してもらいます!

 

コジローくん
任せるニャ☆

 

コジローくん
今回もたったの3ステップであっという間に美味しい丼を作っていくニャ☆

下ごしらえとして豚バラ肉を5mm幅に切っておいて、特製ダレの材料を全部混ぜてタレを作っておくニャ☆

5mm幅が美味しい感じの厚さです

特製ダレ

 

コジローくん
1.準備が出来たらいくニャ☆

肉を重ならないように並べて強火で一気に焼くんだニャ☆

バラ肉は焼くと大量に脂が出てくるからキッチンペーパーで脂を拭き取りながら焼くんだニャ☆

脂を拭き取らないとどうなるかニャって?

口当たりがくどくニャるニャ☆

脂を拭き取ることを怠らずひたすら強火ニャ☆

 

重ならないように焼いていく

両面にしっかり焼き色をつける

余分な脂は取り除く

 

コジローくん
2.両面にしっかり火が通ったら作っておいた特製ダレを一気に加えるニャ☆

照りをつけて、タレの水分を飛ばすようにさい箸で混ぜつつ、ここでも火加減は強火で一気に煮詰めるのがポイントだニャ☆

 

タレをブチ込みましょう

強火!強火!強火!

汁気がなくなると味が馴染みます

 

コジローくん
3.千切りキャベツを乗せた白飯の上に、タレごと肉を盛り付けたら出来上がりニャ☆

お好みで紅生姜を添えると最後まで飽きずに完食できるニャ☆

 

キャベツと紅ショウガがいい仕事します

 

煮詰めている最中、タレの水分の泡の消え方が遅くなり、肉を持ち上げた時にタレがポトポトと垂れるぐらいが火から下ろすベストタイミング!焦げる一歩手前でもあるので経験を積んでコツをつかみましょう!

 

 

禁断の組み合わせ!?

 

実際に食べてみて思いついてしまった禁断の組み合わせ、そう、勘の良い方はすぐに思い浮かべたであろう魔の組み合わせ、”on the マヨネーズ”だ。

 

カロリー度外視!on the マヨ!

 

↑食いかけ画像失礼します。

実際にon the マヨした時の画像です。

食べている途中で天啓にうたれました。

 

 

神さま
タツノオトシゴよ、マヨ……

 

マヨネーズですね(*゚▽゚*)!!!!

 

このようにして神の声を聞いた僕は、神さまがマヨネーズと言い切る前に察して、すぐに冷蔵庫にあるマヨネーズをぶっかけたのでした….。

カロリー度外視!美味さ優先!なこの組み合わせで、日頃からカロリーとか気にしちゃっている女子にはあまり受け入れられないのでしょうが、このon the マヨはヤバいですよ。

ただでさえ美味しいのに箸が止まらなくなることこの上ナシです。

この禁断の組み合わせをやるかやらないかはあなた次第ということで。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

丼は細かいルール無用!豪快に!

という感じで作ってみました。

疲れてきた旦那さんや彼氏さんに、あるいは、たまにはガッツリした丼物が食べたいと考えている女性の皆さんにオススメのレシピです。

実際に食べてみると、ニンニクとショウガの風味にハチミツが加わって、美味すぎてご飯がススむススむ。

肉一切れで白飯5ブロックぐらいは軽くイケましたね!

また、キャベツと紅ショウガが素晴らしい名脇役っぷりで、こってりとした豚肉と濃い目の特製ダレのいいアクセントになってくれます。

紅ショウガは好き嫌いもあると思うのでお好みで取り入れるかどうか検討してみて下さい。

イメージとしてはラーメン屋でたまにある”チャーシュー丼の上位互換”という感じ。

間違いない一品なので是非ご家庭で再現してみて下さい!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です