疲労回復&老化予防!暑い夏に爽やかパインスムージー

スポンサードリンク



夏にピッタリなトロピカルなスムージーをご提案

 

どうも!タツノオトシゴです。

ここのところ地震に大雨に災害見舞われていることが多い日本ですが、皆さん無事で元気に過ごしているでしょうか?

これからどんどん気温が上がり、いよいよ夏本番となってきますね〜!猛暑にはめっぽう弱いぼくです。

ぼくの場合、夏は食が細くなって麺類とか簡単な料理ばっかりになってしまって、ビタミン不足になりがちな季節でもあります。

夏野菜は体温も下げてくれて美味しいけど、調理がめんどくさいですよね。

美味しくビタミンが摂れたらな〜。摂りたいな〜。

摂りましょう!

 

 

とりあえず夏に旬なフルーツを考えてみた

 

かの名俳優中尾彬氏も「旬なもの食べない男はモテないんだよ」と言うくらい、季節の野菜とかフルーツというのは大体味が濃くて栄養価も高いものが多い。

春であればイチゴ、秋は柿やブドウ、冬はリンゴやミカンなんかだろうか。

では夏のフルーツというとどんなものがあるだろう?スムージーを作るに当たってまずは材料になるフルーツを考えてみることにしました。

夏が旬のフルーツはわかりやすいところだと、やっぱりスイカ。

あえて書くまでもないくらい定番のフルーツですね。人間からカブトムシまで虜にする夏の定番果実!

それ以外だと桃やさくらんぼもこの季節になるとスーパーの果物コーナーでよく見かけます。

南国由来のパッションフルーツも夏ならではのフルーツですね!

そんなことを考えながら何の果物を使うか考えながらスーパーにふらりと行ったわけだけど、こいつを忘れてました。

 

パイナップル

 

目立つようで、スーパーの陳列にうまく溶け込んでるよね〜。

スムージーの具材にするなら今や定番になったパッションフルーツの代表格であるマンゴーと迷ったんですが、パイナップルが久しぶりに食べたくなったのでパイナップルをチョイスしました。

マンゴースムージーも確実に美味しいに決まってるので、後で記事にします。

 

 

パイナップルの栄養価をまとめてみた

 

そんな感じでパイナップルを買ってきました!

まだ切ってもいないのに既に甘い香りが漂っていて何とも美味しそうな香りです。

スムージーを作る前にパイナップルの栄養素について、調べてまとめてみました!

美容や健康に嬉しいビタミンやら栄養素がいーっぱい含まれていました!

 

 

パイナップルの栄養価
  • ビタミンCが豊富!美肌効果、疲労回復、風邪予防に必要なビタミンで有名なビタミンですが、ちゃんと抑えてますね〜パインくん
  • ビタミンB1も入ってます!ビタミンB群と言えば酵素を分解してエネルギーに変える役割をするビタミン。消化がよくなるので食後に食べても太りにくい身体にしてくれます。
  • クエン酸も含まれており、こちらも疲労回復に一役買いますね。酸味の正体はこのクエン酸によるものです。
  • 食物繊維も入ってる!ここまで色々入ってると書かなくてもいいんじゃないかと思ってきますねw
  • 最後にミネラルも含まれているそうで。マグネシウムとか鉄。もはやスーパーフルーツですな。

 

 

ざっとネットや論文からパイナップルの栄養素をピックアップしてみました!

美容や健康が気になる女性はもちろん、日常的に食べたいフルーツですね〜。

 

 

パイナップルスムージーのレシピ教えちゃいます

 

栄養素なんかを紹介したところで、早速スムージー作りをしていきます。

その前にせっかくなので、4ステップで覚えられるパイナップルの捌き方を載せておきます。

普段料理なんかしないよ〜!と言う人は、硬くてちょっと痛いパイナップルに包丁を入れることに抵抗があるかと思います。

当のぼくも、自分で切ってみるまでパイナップルは実家に帰った時なんかに、おばあちゃんか母が切っておやつの時間に勝手に出てくるものだと思ってましたから。あるいは缶詰や予めカットしてあるものを買って食べることが圧倒的に多かったです。

しかし、スムージーを定期的に飲むようになってからは必然的に自分でフルーツをカットする必要性が出てきたので色々切り方を調べて簡単に覚えられるステップを産み出しました!

写真を交えながら解説していきます。このステップでパイナップルを何回かカットすればいつの間にか覚えているはずです。

 

 

コジローくんが解説!4ステップで覚えるパイナップルの切り方

 

コジローくん
1.まずは葉をひねってから引っ張って葉を取ろう!

 

コジローくん
2.縦4つに切って真ん中の固い芯の部分を切り取ろう!包丁を十字に入れればいいよ!パイナップルは硬いので、女性は体重をかけて切ると上手くいくよ!

 

コジローくん
3.あとは皮と実の間に包丁を入れて実にそって切っていこう!パイナップルは底に行くほど甘みが強いので、皮を薄く切るのがコツだよ!

 

コジローくん
4.あとは好みの大きさに切り分けてジップロックで保存しよう!ついでにつまみ食いもしちゃおう!保存は冷凍がオススメ!冷凍しておけばいつでも冷たいスムージーが作れるし、なんだったらそのまま食べても美味しいよ!じゃあね!

 

ぼくが作ったLINEスタンプのキャラクター「コジローくん」に登場してもらいました。

写真で見ると結構大変な作業に見えるかもしれませんが、慣れればとても簡単です。

平日は働いて疲れてやる気が起きないと思うので、たまの休日にパイナップルを丸々買ってきて上記の手順で切り分け、保管をしておくと食べ方にもよりますが、一ヶ月くらい持つので是非試してみて下さい。

 

 

レシピと作り方

 

お待たせしました。前置きが大変長くなりましたが、ここでとっておきのパインスムージーのレシピと作り方を紹介していきます。

まずは材料から↓

 

パインとりんごのスムージー
  • パイナップル(できれば冷凍)…80gくらい
  • りんご…30gくらい
  • 牛乳or豆乳…80ml
  • オリゴ糖…大さじ1
  • レモン汁…少々

 

 

コジローくん
スムージーなので作り方はとてもシンプルだよ!

上記の材料をミキサーに入れてなめらかになるまで混ぜるだけだよ!計量器がない人はパイナップルとりんごの割合を7:3にしておけば間違いないよ!

それからコジロー的に豆乳の方がこのスムージーには合っている気がするから豆乳を使うことをオススメするよ!オリゴ糖がなければハチミツや砂糖でも代用できるけれどオリゴ糖は胃や腸でほとんど吸収されないし、大腸内で善玉菌を助ける働きもするからコジローは断然オリゴ糖を使うことを押すよ!

 

 

いかがでしょう?

予めカットして冷凍しておけば、あとはミキサーに突っ込んで混ぜるだけでいつでもフレッシュで美容に良いスムージーが作れちゃうんです!

オリゴ糖は甘みを調整するための甘味料のポジションなので、パイナップルとりんごの糖度が高い品種を使う際は入れすぎにご注意を!

りんごの品種もお好みのものを選んでいいと思いますが、青森県産の「ジョナゴールド」や、長野県産の「シナノゴールド」なんかは糖度が高くて、且つ酸味とのバランスも絶妙かと。

多少酸味があったほうがこちらのスムージーはサッパリ爽やかで美味しいと思います。

また、フルーツの大きさやシャーベット具合はお好みで調整して下さい。敢えてなめらかにせずに、果肉がゴロゴロした状態を楽しむのもスイーツっぽくてありです◯

 

 

 

まとめ

 

はい、いかがでしたでしょうか?

パイナップルの栄養価に絡めつつ、とっても爽やかで美味しい夏にピッタリのスムージーを提案してみました。

最近は女性が社会進出して働いているのが普通になっている時代で、疲れたとか、癒しが欲しいという声をよく聞きます。

そんな日本のレディ達に向けた優しい1杯です。コジローくんもオススメしてます。

生でそのまま食べるだけで充分美味しいパイナップルを加工してるので不味いわけがありません。

りんごをマンゴーに変えてパインとマンゴーのスムージーとしてアレンジするレシピや、野菜を使った変わり種スムージーも今後ご紹介します。

皆さんの食生活と健康、美容に役に立てれば幸いです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です