30歳からはもう老後だと思っている

スポンサードリンク



大体運。そしてどんな人もいつかは死ぬ

 

やっと無職らしい日記を書く。

画像の猫(飼い猫のコジローさんだ)みたいに、さも家の主人かのように夕食時に空気も読まずにテーブルのド真ん中に寝っ転がりたい。

猫はいい。距離感がいい。

お前の世話になってないぜみたい顔して寝てるくせに、いざとなったら甘えてくるのがいい。

そういう自己中なとこが猫のいいとこだ。変わり者とか、芸術肌の人、社会からはみ出した奴らは猫好きが多いイメージだ。

僕も猫と相性がいい。一日中眺めてても飽きない。

逆に犬は愛想が良すぎて人間に媚びているように映ってしまう。

言う事を聞くとか、従順というのは一種の諦めのようにも捉えられる。まあ、ただ単に僕が歪んでいるだけなのかも。

 

さて、僕は30歳ぐらいからはもう老後でいいんじゃないかと思ってる

ティーンエイジャーだった頃や20代だった頃と比べて明らかに体力もなくなってるし、結婚と(幸運なことに)身内との死別以外の大体のイベントは経験した気がする。

世の中には僕よりも壮絶な人生経験や波乱万丈な人生を歩んだりする人もいるけど、比べても意味ない。

若い頃は誰かと比べて劣等感やコンプレックスを勝手に感じて落ち込んだりもしたけれど、29歳現在の今はそんなのは無意味だと気付いてる。

それに僕は結構、運命論者で、人生なんてなるようにしかならないとか、運的な物で左右されるとか考えている。

運の力が強い人は偉人や社会的に成功している人も多い気がする。

松下幸之助とかスティーブ・ジョブスとかも運は大事だ的な事言ってた気がする。

松下幸之助が山に囲まれた場所に生まれてたらPanasonicはなかったんじゃないだろうか?宇宙みたいな話になるからもうやめるけど、The Beatlesも運だ。ジョンもポールもジョージもリンゴも運だ。強烈に運と神様に愛された人物達だったんじゃないか?

 

タイに旅行に行って感じた『ゆるさ』

 

どうでもいい事を書いたけど、僕は無職になる前の2016年の7月と10月にタイに旅に行った。人生初の海外だった。

10年のパスポートを作って中部国際空港から直行便で空を飛んだ。

旅日記は後程書こうと思うけど、タイはいい国だった。

文化も日本とは違っていたし、人もいい感じでユルくて居心地良かった。接客している方々は基本的にお客が来るまではヌードルをすすりながら店番をしていたし、皆親切だった。殺伐とした日本とは違う空気が流れてたし、人間らしさに溢れていた。警官?らしき人でさえこんな感じだ。

タイの警官

これはタイ、バンコクのセブンイレブンの中での光景だ。

うろ覚えだけど10バーツのレッドブル(日本円で30円くらいかな?)を買いに行った時の写真。

ちなみにタイのレッドブルは炭酸で割ってなく原液のままです。日本のレッドブルはタウリンが入ってなく、炭酸で割って飲みやすくなっているそうです。日本人の肝臓には負担が大きいからなのかな?

こんな感じで違う文化に触れるのは楽しいよね。

 

明日死んでもOKと言えるか?

 

アーリーリタイヤという言葉があるけど、そもそも人として一番元気な20代〜50代ぐらいの多くを労働と納税に費やす意味がわからない。それを仕方ないと受け入れられて皆生きているんだろうけど、皮肉でもなんでもなく本当にすごいと思う。

僕も一般企業に勤めていた事があって、いつかどこかで諦めがついてそんな考えも受け入れられるのだろうと思ってたけれどやっぱりダメなものは何歳になってもダメなわけで。

世間体とかを気にせず、やりたい事を我慢する生き方はもったいない

いつ死ぬかわかんないし。何人か急死した人も知っているけれど、彼らは本当にやりたい事をやりきって死んでいったのだろうか?とたまに考える。

中には自分と同年代の人間もいた。脳卒中、自殺、事故…。色んな理由で皆旅立っていった。

借金を背負ったりしても最悪死なない。人殺しやレイプとかをしなければ僕は基本的に人生でやっちゃいけない事はないと思う。

無職を正当化するわけじゃないけど、世の中には結構フラフラしている人がいるものだ。非正規社員だけでずっと生きてる人、株を保有してる投資家の人、あるいはいい歳まで働いた経験がない人。僕が知る限り、大学を出て、会社に就職して一度も転職や失敗をしないで生きている方が少数だ。割とレールに乗って生きてきた感じの人でさえ、他に生き方があったんじゃないかと悩んでたりする。

 

結局正解はないんだと思う。

僕は残りの人生でやりたい事をピックアップしている最中だ。次回のブログでリストを書いてみたいと思います。コメントとかで色んな人の死ぬまでにしたいことリストを見れたら面白いな〜とか考えている。そういえばそんな映画あったね。

無職ライフな日記を書けてないから次回以降、会社を辞めてからの日々を書きたいと思います。

では

5 件のコメント

  • クラウドファンディングからたどってきました。(ちなみにクラウドファンディングのサイトに貼ってあるリンクは切れていました。私はサイト名を直接検索してたどってきました。直した方がアクセス数上がると思います。)

    今、私は現在、35歳で働いていて老後まっしぐらですが(笑)、そこまで悲壮感はないものの、確かに会社に勤めているだけだともったいないと思ってますので、この記事には共感しました!勇気をもらえました。
    クラウドファンディングを利用するというのは大変良いアイデアですね。アクセス数増加を狙ったのであればかなり良い作戦だと思います。無責任かもしれませんが、この記事もよく書けていますし、行動もしているし、色々考えていらっしゃると思うので何かしら成功を掴めると思います。これからも頑張ってください。

  • コメント及び、アドバイスありがとうございます。当ブログで初めてのコメントであり、肯定的な見解を持っていただいて大変嬉しく思っております。
    ブログを書いていて良かったと思える出来事でございます!
    リンクが切れていたとのご指摘ありがとうございます。思い当たる節はあるので改善したいと思います。
    ちなみに、クラウドファンディングに関しては真面目に計画して提案したつもりですあれで(笑)
    新しいプロジェクトも発案しましたのでそちらもよろしくお願いします。
    願わくばこのブログである程度の収入も得て早く自立したいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

  • 早速の素早いお返事!どうもです。ちょくちょく寄りますので、ブログそして自立、頑張ってください!クラウドファンディングもチェックしておきます。

  • こちらこそありがとうございます!クラウドファンディングでもご支援いただきましたよね?本当にありがとうございます。
    金額や成果よりも、現在はご支援してただいているという方がいるという事実がありがたいので大変光栄に思っております!この場を借りて改めて感謝致します!
    sarujincanon氏がこんな記事を書いて欲しい等の要望はありますか?今後の参考にもなりますので、そういったご意見があればバシバシ指摘していただるとこれまた嬉しいです。
    また、先のコメントでクラウドファンディングに貼ってあるリンクが切れていたとのご指摘がありましたが、確認したところ、私の端末からは閲覧ができました。
    原因がわからないのですが(1度当ブログサイトがエラーにより白紙になり、1から作り直して色々いじりすぎたのでサイトが2つ存在している状況かもしれません)、修正するよう努めます。
    長くなりましたが、今後もよろしくお願いします。

  • クラウドファンディング、バレましたか(笑)。最近、異文化を知るTV番組をよく観ているので、たまたま今の私の心境にバッチリだなと思って支援させていただきました。リンクの件もすぐに対応していただき恐縮です。1つ前の終了したプロジェクトの話なので、もう修正しなくても大丈夫かと思います。(旅企画のプロジェクトはリンク切れていなかったです。)
    記事の要望は、今のところ特にないです(笑)(また何かあったらコメントしますね。)
    ってこれだと何の参考にもならないので、記事を読んでいて引き込まれた思ったところを1つ。まだ全部記事を読んだわけではないですが、新生活を始めて職業訓練やら生活保護やら旅をしたりして、そのときのタツノオトシゴさんの気持ちや、社会に対する見方を「自由に表現しているところ」が本音ベースなところが良かったです。色んな経験をしているので説得力があります。
    今後も頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です