アンチエイジング効果が期待できるかも?!玉ねぎ入りで血液サラサラ!絶品和風納豆パスタ

スポンサードリンク



玉ねぎストックを作ろう

 

こんにちは!タツノオトシゴです。

各所で春の日和が続いていますね〜。

今回は料理コーナーです。初めに言っておかなければいけないのですが、納豆が嫌いな人はこの記事を見る意味がないと思うので閉じてください。

納豆は日本を代表する健康食品ですが、好き嫌いがハッキリ別れる食材ですよね!

僕の実家でも納豆好きと納豆嫌いがいました。

外国人受けは最悪ですし、日本でも評価は半々ってとこでしょうか。

 

今回はその納豆をメインにした料理をご紹介します。栄養も摂れて、もちろん僕のことなので簡単に作れるレシピですよ〜!

コスパも比較的良いので、月末で節約したい〜って人にも大変オススメなのです。

 

では早速。

 

まずは玉ねぎをみじん切りにします。

 

今回は半分を切ったけれど、できれば丸々1個みじん切りしてしまった方が良いです。理由は後述でわかるのでこうご期待!

 

めんどくさいみじん切り(本当めんどくさいよね!)が終わったら、フライパンにバターを1カケ熱したフライパンに投入します。

 

えいっ

 

 

 

 

 

 

 

 

バターがフツフツと泡立ってきたら刻んでおいた玉ねぎを投入しましょう

 

とりあえず中火で炒めてきます。

 

躍動感を出そうと片手でiPhone構えて、フライパンを降ってみる

よいしょっ!

…..

 

左半分が写ってないことはお察し下さい

 

玉ねぎが飴色(茶色ってこと)になったらタッパーみたいな保存容器に分けます。

 

画像にめかぶが写っているけど気にしないで下さい

バターの香ばしい香り漂う玉ねぎ炒めが完成しました!

 

 

パスタを茹で始めよう 納豆と玉ねぎを混ぜる

 

この辺くらいからあらかじめ沸騰させておいた鍋にパスタを投入して茹で始めましょう!

イタリアンではないので塩は入れずに茹でて構いません。

 

 

パスタを茹でてる間にさっき炒めた玉ねぎと納豆を混ぜる作業をします。

 

納豆は大粒でも中粒でも、ひきわり納豆でもお好みの納豆を使いましょう!今回はひきわり納豆を使いました。

器とかボウルに納豆と付属の納豆のタレを半分くらい入れて、玉ねぎのバター炒めを入れて混ぜます

 

 

ここでは下味を付ける程度にする為に、タレは全部入れません。全部入れてしまうと味が濃くなってしまうのでオススメしません

 

また、お好みの食材を追加しても美味しいです。そう、例えば納豆と相性の良いキムチとかツナ、オクラとかなんかを。

 

今回はオクラが冷蔵庫に余っていたのでオクラを入れてみました。そしてガンガン混ぜましょう!

 

納豆嫌いの人は閲覧注意かもしれない

 

 

茹で上がったパスタを湯切りして↑の混ぜた具材を乗っけて、お好みでトッピングを追加してめんつゆをぶっかけたら出来上がり!ね、簡単でしょ?

 

トッピングのオススメは鰹節、卵黄、刻み海苔、青ネギなんかですね。はい、納豆と相性の良い薬味たちのkとです。

 

今回は鰹節と卵黄、刻み海苔を掛けたんですけど、海苔多すぎて写真映えが最悪になりましたw

言い訳がましくて申し訳ないのですが、海苔掛ける前はすごく美味しそうな写真だったんですよ。

また作った時にでも海苔なし写真追加しておきます。ん〜、海苔め。

 

 

食べる時はお上品に巻き巻きして食べるんではなく、ガンガン混ぜて食べましょう!

納豆のネバネバでスルスルと喉越しも良いですし、この味付けなら普段パスタ料理があまり得意ではなさそうなお年寄りの方も食べやすいんじゃないかと個人的には思います。

あと、こん時はフォーク使いましたが箸の方が食いやすいかと。

バターで炒めて優しい甘みが出た玉ねぎと、めんつゆが相性抜群の一品です。

是非作ってみて下さいね!

 

 

 

で、たくさんストックしておいた玉ねぎの使い道についてですが、いつでも取り出してレンチンして今回の納豆パスタに使うのは勿論、そのままフライパンに投入してトマト缶と加えてトマトソースにしたり、ご飯+人参と炒めてピラフチキンライスオムライスの具材として応用してもいいわけです。カレーなんかにもオススメ。バターの風味が染み込んでいるので大概の洋食に応用できちゃいます。

発想次第で色んな使い道が出来るので大量にストックしておいて冷蔵庫に保管しておくと便利ですよ。

玉ねぎは料理の名脇役ってね。

 

 

レシピと主な食材の栄養価について書いておく

 

最後に今回のレシピの紹介と主な食材の栄養価と効能について書いておきます。

 

納豆とか言う栄養しかない食い物について

 

日本を代表するスーパー食材であり、歴史深い発酵食品。

健康を維持する為に必要な5大栄養素を全て含んでいる。5大栄養素とは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンのこと。これに加え食物繊維まで含んじゃってるので、実際には6大栄養素と言っても過言ではないほど素晴らしい食材なんです。

他にもビタミンK、納豆キナーゼやら大豆イソフラボン、レチニン、大豆サポニン、大豆ペプチドと、とんでもなく身体に良い成分しか入っておらず、栄養が留まることを知らない。バケモンかよ。

上記の中でタイトルにある血液をサラサラにしてくれる栄養素は納豆キナーゼレチニンあたり。血栓ができにくくなる成分なんだとか。納豆の欠点はビジュアルと臭いぐらいなもので、これはもう食べるしかないだろうとぼくは思う。ぼくも冷蔵庫には必ず常備してます。

どうせ口に入れるなら身体に良い物を摂った方が、歳を取った時に後悔が少なくなるんではなかろうか?と僕は思うのですがいかがでしょうか?

老後や病気になる心配や蓄えを作ることも大事だけど、病気にならないよう、病院になるべく行かないよう、食生活や生活習慣を作っていく方が人間本来のリズムというものではないだろうか?納豆だけでこんなに書くと思わなかったよ。

 

 

料理界の名脇役!玉ねぎくん

 

名脇役に限って名前と顔が出てこないものだ。温水洋一さん、大杉漣さん、生瀬勝彦さん、、ググってあぁ〜こんな俳優さんいたっけ!みたいな人ばかりだ。

けど、ヒロインや主人公、ストーリーを進める上で間違いなく必要な存在。。

かの名作映画「ショーシャンクの空に」だって、モーガンフリーマンがいなかったら成り立ってなかっただろう。料理界にもそんな奴がいる。

料理という1つの作品に多大な演出効果を与えておきながら主張はわかりづらいアイツ。そう、玉ねぎだ。

そんな玉ねぎ、実はビタミンミネラルは他の野菜に比べて多いわけではないし、カリウムもそんな多いわけではないのです。その代わり、ケルセチンや硫化アリルと言った聞き慣れない成分が多く含まれているんです!本当に聞かないですね。

さて、一体どんな栄養素なのか。簡単にまとめました!

 

ケルセチンの効能
  • 強い抗酸化作用を持つ
  • 血管をしなやかで丈夫にする
  • 血液をサラサラにする
  • 悪玉コレステロール減らす
  • 脂肪の吸収を抑える

 

 

続いて硫化アリル。

硫化アリルとはざっくり言えば臭みや辛みの元になる成分です。

この硫化アリルにも…

 

硫化アリル
  • 血圧が下がる
  • 脳卒中・心筋梗塞の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病の予防
  • 中性脂肪値を下げる効果
  • 疲労回復や食欲増進
  • 不眠
  • イライラの解消

 

 

これだけの効能があります。

 

多くの人は玉ねぎを切ると目が痛くなって、涙がでますよね?

実はその作用をもたらしているのもこの硫化アリルの力。

玉ねぎはその中でも更に硫化プロピルという部類に入るらしく、この硫化プロピルは調理の仕方によって違う物質へと変化します。

すごいですね〜。何段階変身できるんでしょうね〜。

この辺もカメレオン俳優っぽいよな〜。

 

で、今回のレシピのように炒めるとセパエンという物質に変身し、ビタミンB1の吸収率がグーンと上がります。

つまり豚の生姜焼きはめっちゃ栄養を摂るには最高の組み合わせの料理だったんですね。

硫化プロピルの摂取量に関して言えば生で食べるのも、加熱調理するのも何とあんまり変わらないようです。

これは僕も驚きました!この記事を作る事がキッカケで知ることができました。

生で水に曝して食べるのも良いのですが、辛味もあるし、食べ過ぎると胸焼けするしで気が進まない人も多いんではないでしょうか?

なので玉ねぎを食べる時は断然加熱調理がオススメです。

栄養も飛ばずおいしく吸収できます。積極的に加熱しちゃいましょう!

 

今回のレシピ

 

納豆パスタ 1人前
  • パスタ 100g
  • 納豆 1パック
  • 玉ねぎ 1/2個(丸々1個作っておくことをオススメしておきます)
  • めんつゆ 好みで調整して下さい。かけすぎ注意

 

メインの材料はこれだけ。後はお好みで追加しとけばより美味しくなるものとして…

オススメ薬味一覧
  • オクラ
  • キムチ
  • ツナ
  • 刻み海苔
  • 刻みネギ
  • 鰹節
  • 卵黄 豆知識として、納豆と生卵の組み合わせは栄養の吸収の面で色々よくないので卵黄のみをオススメします。

 

上記は薬味のような感じで入れたらより美味しくなりますよ〜!というやつです。

是非ご賞味下さい。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です