やみつき牛丼レシピ公開!牛丼チェーン店には行かなくてよくなります!

スポンサードリンク



みんな大好き牛丼レシピを晒す

 

こんにちは!タツノオトシゴです(@Phycodurus3

今回はタツノオトシゴキッチンです!

割と女性には好評な料理コーナーなんですが、ブログのPV的にはビミョーですw

まぁレシピとかって1回見たらあぁそうなんだ〜ってなって終わりですもんねw

それでも僕は料理が好きなのでUPします。書きやすいですし。 

今回はタイトル通り、みんな大好き『牛丼』レシピを公開します。

玉ねぎをじっくり煮込んで甘みを出して味付けするのがタツノオトシゴ流です。

最近はクックパッドやクラシルといった優秀な料理アプリがあるので、オリジナリティが無くなりがちだと思いますが、自分流の味付けにアレンジしたりすればあっという間にオリジナルレシピになります。

最初は模倣から入ってもいいと思いますが(ぼくも最初は大体レシピ通りに作ってみます)、段々独自のアレンジに変えていける楽しさが、料理の素晴らしいとこ。

カスタマイズできるという点で料理は自由で無限大の可能性があると僕は考えています。

さて、前置きが長くなりましたが、早速本題へ。

今回もコジローくんが乱入してくるかも。。。

 

 

材料を揃えよう

 

まずは何と言っても材料

近所のスーパーへ行くなり、お肉屋さんに行くなりしてお肉を手に入れましょう!

ここで出来れば妥協してほしくないのが、やはり主役のお肉で、国産の牛肉を買うことを強くオススメします。

輸入物のお肉は脂身があまり多くなく、また、甘みが少ない為、牛丼に使うにはあまり不向きな気はします。独特の臭みもあったりするし。

節約したい気持ちはよくわかりますが、牛丼の時だけは妥協せず国産牛肉を。

僕もローストビーフのような赤身肉を味わう時は、輸入物の安いお肉を買ってますが、牛丼の時ばかりは無理して国産牛肉を買っています。

スーパーへ行く時は主婦の方を見習って夕方16時以降を狙って行くといいと思いますww

 

牛丼の材料(1人前)
  • 牛肉(薄切り)…..80g
  • 玉ねぎ…..1/2個
  • サラダ油…..ちょっぴり
  • 砂糖…..小さじ2
  • しょうゆ…..大さじ1
  • みりん…..大さじ1
  • 卵黄…..1個
  • すりおろしニンニクとすりおろし生姜…..ほんのちょっと

…..80ml

和風だしの素…..小さじ半分くらい

…..大さじ1

ダシダ…..小さじ半分くらい

 

材料はこんな感じでございます。

 

 

いざ調理開始!

 

じゃあコジローくん頼むわ

 

コジローくん
任せろニャ♠

 

1.牛肉を炒める

 

コジローくん
早速いくニャ♠

まずは玉ねぎを薄切りにしとくニャ♠

そしたら牛肉を砂糖を絡めて炒めるニャ♠

そしたらすりおろしニンニクと生姜は炒める前と後どっちでもいいけど、牛肉を炒める時についでに入れちゃうニャ♠

 

 

牛肉を炒める際に砂糖を絡めることによって、旨味が引き出されてコクが出ます!

 

2.玉ねぎを煮込む

 

コジローくん
タツノオトシゴが牛肉を炒めてる写真を撮り忘れてたみたいニャ♠代わりに謝っとくニャ♠

牛肉に火が通ったら一旦取り出して、牛肉を炒めたフライパンに玉ねぎと材料の『♣』マークを全部投入して玉ねぎが柔らかくなるまで煮込むニャ♠

 

 

3.牛肉と玉ねぎを合わせ、一煮立ちして味を染み込ませる

 

コジローくん
玉ねぎに火が通ったら、みりんとしょうゆも入れるニャ♠

ちょっと煮たら取り出しておいた牛肉も入れて一煮立ちするニャ♠

 

 

4.盛付けてガツガツ食うべし

 

コジローくん
弱火で煮詰めていくと味が染み込んでおいしく仕上がるニャ♠

あとは丼に盛り付けて好きな薬味をかけて食べるニャ♠

 

 

コジローくんお疲れ〜。

ネギとか、キムチとか、紅生姜や七味、卵等々、お好きな薬味や具材を足して食して下さい!玉ねぎの甘さと牛肉のコクが食欲をそそりますよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

料理ネタでした。

丼って手軽でいいですよね〜!今後も魅力的な丼物のレシピ晒していくので乞うご期待。

コジローくんがHUNTER×HUNTERのヒソカみたく語尾に♠とか付けるようになってきましたね。

夏の暑さにやられたか、調子に乗ってきたかのどっちかだと思うので多めに見てやって下さい。

ちなみに材料に登場するダシダという調味料、聞き慣れない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明しますと、韓国の調味料で、牛ダシのことです。

 

 

これを入れると牛丼屋っぽい味になります。

牛丼屋に行くのとあんまり変わらないコストパフォーマンスで食べられると思いますし、調味料さえ揃えてしまえば牛肉と玉ねぎだけあればいつでもできます。

美味いので是非ご家庭でご賞味あれ!

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です