職業訓練すら続かなかった

スポンサードリンク



プログラミングを学びたくて職業訓練に行くも…

 

こんにちはタツノオトシゴです。

 

いや〜続かなかった。続かなかったよ〜見事に。

 

わずか2週間程でした。

 

何がって?

 

前の記事でチラッと言及してたJavaプログラマの職業訓練です。

 

退職して早4ヶ月経ち、失業保険の延長と、ついでに前から興味あったプログラミングの初歩を身につけられるということで「Javaプログラマ養成科」なる科目を選択し、3ヶ月スクールに通うことになったのだけど、持ち前のメンタルの弱さ✳︎頭の弱さ✳︎ニート期間=早期退校(ニートの公式とか言ってみる )という結果になりました。

 

ちなみにまともに教育を受けてきた全良な国民の皆さまはきっと知っているかと思うのであえて言う必要はないと思うのだけど、このケツの穴みたいな記号(✳︎)は「アスタリスク」と言って掛け算の記号だ。

プログラミングの授業で時折使っていたので懐かしくてつい….。(先生、ぼく使いこなしたよ)

 

こんなクソみたいな応用は思いつくのだけど、肝心のプログラミングの方はさっぱりだった。

 

授業は講師が参考書を読んでる間にひたすらメモを取り、練習問題を出されるのでそれをひたすらクリアしていくという事の繰り返しだった。

 

生徒は無論全員無職なのだけど、元IT関係の人や、元大手社員、主婦、元金融関係、元個人事業主、元期間工みたいな感じで、本当にバラエティー豊かな顔ぶれだった。

もっとこうニート歴10数年です!みたいな人もいると思っていたぼくは面食らった。

そしてもっと面食らったのは割とみんな授業についていっていた点だった。

ぼくの隣は大学時代の先輩と結婚するも、夫に不満を持っていて結婚生活に退屈している同い歳の主婦の方で(AVみたいな設定だけど本当だよ)、どうやら彼女とぼくは同じぐらいの学力らしく途中までは仲良く切磋琢磨してなんとかやっていた。

だけど本格的にプログラミングを書いていく作業になるとどんどんと遅れていった。

わからない事はクラスで一番できる人に訪ねてみたり、講師に確認してみたりしたのだけど、それでも中々上達しなかった。

みんなで一斉に行う作業でも僕らが明らかに足を引っ張るシーンなんかも出てきて気まずかった。

最初のうち親しげに話しかけてくれた人達もぼくらには話しかけてくれなくなったり。

 

そんなこんなであっという間に行くのが嫌になってくるのはダメ人間の当然な思考なわけで、朝起きるのも徐々に遅くなっていったし、弁当のグレードもどんどん下がっていった。

 

元々興味があったことでも、あまりにも向いていないとモチベーションも下がっていくものだけど、悲しいことにプログラミングもぼくにとってはそうだったらしい。

もう少し通ってみればいつか理解できる時がくるかもしれないと思い、最悪1ヶ月は通おうかとも思ったけど、限界を感じていたので辞めた。

 

さて、辞めて困るのは当然自分である。

というか、今まさに困っている。

 

まず、職業訓練を辞めるという事は、同時に失業保険の打ち切りも意味している。

問題なく通ってさえいればとりあえず、今までと同額の失業保険がもらえて暮らしていけたのだけど、退校と同時に失業保険は終了した。

つまり完全に無収入になってしまったのである。

 

貯金も使い果たし、むしろ色々滞納もあるぼくは、とうとう無収入という残念な状態にまで辿り着いた。

仕事の目処もない。ないものだらけだ。

 

4ヶ月前勢いで会社を辞めて、無職期間の間にブログ始めて収入でればいいな〜とか考えてた自分はやはり相当甘かったみたいです。

大御所プロブロガーのあんちゃさんもブログ始めた当初は四六時中ブログの事考えてたみたいだし。

ブログこのサイトのデザインとかなんとかしたいけど、職業訓練も続かなかったぼくにとっては難しいんですWordpress。

有料テーマの「STORK」をインストールしたいんだけど、クレジットカードも止まってるので購入もできず。

お金は本当に大事。

若い頃散々テキトーにお金を遣ってきたツケがこんな形で返ってきてます。

倹約家になった方が良いとか、老後の資金を作った方がいいとかは思わないけれど(そもそも老後まで生きてられる保証ないしね)、これをたまたま読んだ若いコなんかはお金と上手く付き合ってくれ是非。

 

でも何だかんだ今現在ぼくは幸せなのかもしれない。

働いていた時は食事もろくに摂れなかったり、食事の時間もバラバラで栄養価が偏ったりしていたのだけど、今は3食自分で献立を考えて好きな物を食べれている。好きなアニメも映画も小説も読めるし、こうしてブログも書ける。好きな女の子ともいつでもLINEできる。

会社員時代によくこんな日が来ないかな〜と夢想していた生活が実現できている。

お金はないけどこれは幸せな事だと思う。

 

ハッピーターンを食べながらそんな事を考えている。優しい味。

 

ターン王子が中指おっ立ててるように見えてきたけど多分それはぼくだけの現象だろう。

 

サイトもダサいし、編集とかデザインとかよくわかんない事は多いけど、とりあえずガンガン書きながら少しずつ完成していけばいいな〜と考えてます。

 

明日は生活保護の申請しに行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です