脱サラしてからやったこと

スポンサードリンク



アフィリエイトのアクセストレード

まず新居を決めた。たった2週間で

 

9月に脱サラしてから、会社の寮を出る事に当然なるわけで、僕は新居を探した。

別に愛知県に拘りがあったわけじゃないけど、退寮の日は刻々と迫っていた。

僕は何でもギリギリになってから取り掛かるタイプだ。まずは住むところという事で、とりあえずアプリやネットを使ってアパート探しをし始めたのが8月に入ってからだった(おせーよ

 

築10年以内でトイレバス別だったらなんでも良かったのでそんな感じの条件で探してみた。僕の中で部屋の広さも幸せとは比例しないので1Rとかで全然良かった。ペットが飼える方が良かったのでペットも可能なとこで探した。

探し始めた当初は名古屋のようにインフラが整っていない、のどかな場所でもいいかな〜と思っていたのだけど、部屋の下見に行った際に周囲の移住環境を観て、車がないと生活が不便だなと感じたのでやめた。




車も家ももういらないわ

 

当時は車も2台目の購入をしようかと考えていて、光岡ビュートトヨタのランクルプラドなんかの見積もりを出してもらったりしたのだけど、日本の車の維持費の高さは知っていたし、よく考えたら車がなくても死ぬわけじゃない。

なので車を持つ人生は諦めた。

公共の乗り物で日本は割と大体行けるし、今はカーシェアとかレンタカーもある。所有していているだけで、欧米とかに比べて49倍もの維持費を払い続けるのは浪費だと思う。

自動車嫌いというわけでもなければ、好きでもないけど、なくても困らない「物」だ。

確かにすぐちょっと離れた所まで行きたいな〜と思った時には車があればいいな〜と思う事も多いけど、会社に属さない生活をするには無駄な出費を減らした方がいい。

上記の似た理由でマイホームも無駄だ。日本では家を買った瞬間から価値が下がっていく。欧米みたく気軽に家を売って転々とできたら素敵だよね。

 

賃貸は会社員のうちに決めちゃおう!

 

そんなわけで、なるべく家賃も安い方がいいに決まっているので、安い賃貸を探していたが、先に書いたように条件も中々合致せず、時間も限られていたので、あま市、津島市、名古屋市にある似たような造りのアパートから結局名古屋市の賃貸に住もうと決めた。無職になってから賃貸を貸してくれるとこは少ない。働いて「会社員」という肩書きのある内に決めてしまおうというわけだ。

1人暮らしを経験した事がある人ならわかると思うけど、1人暮らしは初期費用等、色々お金がかかる。

僕の選んだアパートは家賃5万くらいで、キャンペーンか何かで安くしてくれてて、それでも諸々込みで17万くらいかかった。

実家を出て環境を変えたいと思っている人でも、この初期費用で断念する人もいる。僕のケースはかなり安めだと思うのだけれど、場所や賃貸によっては軽く50万くらいは必要だろう。最近はシェアハウスなんかも増えている背景には初期費用が払えないという事情も関係しているんだろう。

そんな感じで勢いで新居を決めた。実家に帰る選択もあったし、経済的にはそっちの方が色々浮いて楽だったかもしれない。けれど、帰ったところで仕事も少ないし、人との出会いも少ない。

20代30代の内は色々な人と触れ合って色んな景色を観ておきたいから田舎に帰るという選択はなかった。飼い猫と弟、家族と離れてるのは辛いけど、家族というコミュニティの中にずっといるのもそれはそれで息苦しかったりする。

 

最低限の家具(ベット、冷蔵庫、洗濯機、レンジ)も用意していなかったので、最初の準備と出費は中々だった。

仕事から帰ると通販サイトやオークションサイトで家具を漁る毎日だった。冷蔵庫とレンジは中古で構わない。ベットと洗濯機は新品がいいな〜という事でその条件で探しまくった。

長くなったから引っ越し編は次回に

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です