タツノオトシゴコレクション!お気に入りのバックパックを紹介!

スポンサードリンク



需要のないファッションネタ

 

こんにちは!タツノオトシゴです。

ブログを開設してから雑記ブログらしく、色んなネタを書いてきました。

ちょっとシリアスな文章から、大分カジュアルな文章まで色々。

今回は完全に後者!趣味のネタ!

それもファッションネタを書きたいと思います。

題してタツノオトシゴコレクション

昔はファッションが大好きで色んな服を買ったりしていました。買いすぎていたくらい。

若い頃は欲しいと思ったらすぐに買ってしまっていましたが、三十路にもなると物欲もなくなってくる上に、本当に必要で質の良い物だけあれば充分という考え方に変わってくるものです(そうでない人もいるでしょうが)。

若気の至りの反動でしょうか。

ここ最近は一気に断捨離してしまって、お気に入りのファッションアイテムのみ残すようにしています。

不要な物や半年くらい使っていない服なんかはタンスの肥やしであり、また、ノイズでもあります。

いつか使うかも?は結構使わないことが多いですし、あれ?これもしかしていらないかも?と思った時点で手放した方が賢明なケースが多いです。

僕は、以前ならヤフオクなんかで手放していましたが、最近はメルカリに代表されるようなフリマアプリが非常に便利でユーザーも多いので、メルカリなんかで手放すようにしています。

そんなミニマリストぶった僕が厳選して残したお気に入りのバックパックをご紹介します!

需要はあんまりないと思いますが、気軽に読んでもらえれば幸いです。

 

 

そもそもリュックとバックパックの違いって何〜?

 

とりあえずここ、個人的に気になっていたので調べてみたっす!

ググってみたらあっさり結論が出てきました!さすがGoogle!

 

  • パックパックは英語
  • リュックサックはドイツ語

 

という定義だそうで、違いはそれだけだそうです。

しかし、日本では独自の解釈をされていて、登山用の大型のものは「バックパック」日常生活で使う小型のものを「リュックサック」と呼ばれている傾向にあるみたいです。

昔から和製英語なんてものがあったりしますから、この辺も日本人特有と言うか、外から取り入れて自分たちで勝手に解釈するのが好きな国民性が現れている感じがしますね!

 

 

黒という無敵色

 

はい、軽く前置きをしたところで、ここから本題

写真を混じえながらお気に入りのバックパックを紹介していきます。

出落ち感ありますが、タイトル通り現在はブラックカラーのバックパックしか所持していません。

クセがなく合わせやすいですし、結局シンプルなものが1番良いからです。

昔は迷彩柄のバックパックや、ネイビー、ホワイトカラーのバックパックなんかも持っていましたが、結局よく使うのはブラックです。

そして、結局バックパックや鞄の類は入ればいいのですw

 

 

1.PRADA V136

 

ではサクサク紹介していきたいと思います!

まずはハイブランドの中では好きなブランドPRADA

ユニセックスでシンプルなアイテムが多くて使いやすいです。

財布もPRADAを愛用しています。服とかはさすがに高価で手が出ませんし、あんまり興味もないので詳しくないです。ではそんなPRADAの代表的な名作V136について。

 

 

なんかカメラと陽光の具合で白い汚れが付いてるように見えますが、綺麗なナイロン生地でスベスベしてます。あんまりよくわかんないけど、ベッカム氏とかセレブも愛用しているようです。

綺麗目な服装に合わせる時にはこれを選びがち。で裏面とメイン収納部はこんな感じ

 

 

メイン収納部は巾着式になっていて、大容量!2泊3日くらいの旅行の荷物ぐらいなら余裕で収納できます。機能的でデザイン面でも優れています

 

 

上部のポケットも大きく長財布やモバイルバッテリー等収納可能。欠点を探すのが難しいです。

 

 

まずはPRADAV136を紹介しました!

外部に3つの大ポケット、メイン収納部、中ポケットを備えつつ、洗練されたシンプルなデザインが”らしい”アイテム。

購入してから大分長いこと使って、結構経年劣化もしてますが、大事に使ってきました。

写真では生地の光沢感と高級感を伝えきることができませんが、本当にオススメなバックパック。

色んなブランドやメーカーがこぞってデザインをパクってるのも頷ける完成度ですね。

女の子にも合うと思うので、カップルでシェアしてもいいかも。

唯一残念なのは偽物が多く出回っていること。僕の所持しているこちらも多分偽物w

PRADAは本物も作りが雑で、偽物が市場に大変多く出回っていることで有名なブランド。

偽物の方がクオリティが高いものも多いとかw

本物と偽物の見分け方については後程記事にしようと考えていますので、そちらをお待ち下さい。

僕のようにどっちでもいいや〜という人なら構わないんでしょうが、世の中には本物じゃなくては絶対嫌!という方もいらっしゃると思うので後で書きます見分け方。

 

 

 

 

2.cote&ciel × Youji yamamotoのコラボバックパック

 

続いては近年、閃光の如く現れたパリ発のcote&cielと日本が誇るモードブランドのYouji yamamotoとのコラボバックパック!

確か16AWのコレクションだったと思います。

人間工学に基づいて設計されたようで、背負った時の背中へのフィット感は異常です。良い意味で。

cote&cielはビジネスパーソン向けに作られたという事だけあって、オシャレなPCバックというカテゴリーでも紹介されることが多いブランドです。

完全に好き嫌いがハッキリ別れるブランドだと思います。

実際、ネットでは『cote&ciel ダサい』と言った意見もあります。

主にモード系や意識高い系のIT系の方(バ◯にしているわけではありません)にウケが良い印象。街で見かけたことある方も多いんではないでしょうか?

Youjiに関しては語るまでもないと思うので書きません。日本を代表する素晴らしいモードブランド。

 

 

ご覧の通り、外観はcote&cielの代表的なバックパック「Isar(イザール)」を踏襲しております。

 

 

裏面。背負った時の背中へのフィット感はハンパない!ハンドルも大きくレザーに切り替えてあるので、滑らず、手持ちも可能。

 

 

ディティール。膨らみを調整できるフラップと、ジップを開閉する部分。ここが長くて背負った時にユラユラしてカッコいい。紐的な物が垂れるの好きなんですよね〜。

外の収納部を開けるとこんな感じで結構容量あります。小ポケットも付いてるので、ICカードやポケットWi-fiを入れたりします。いっぱい入れすぎるとダサくなりますが、外部ポケットって嬉しい。

 

 

メイン収納部にも小ポケットがあります!そして、なんと言ってもこのバックパックの最大の売りであるPC収納スペースが搭載されてます!

13インチのPCまで収納可能で、マグネット付きのフラップでしっかりホールドしてくれます。僕が普段愛用しているMac bookもこんな感じでスッポリ。

 

 

保存袋も抜かりなくスタイリッシュです。

 

以上、cote&cielYouji yamamotoの16AW期のコラボバックパックでした。

機能的で非常にオシャレなデザインです。

このラインナップの中では奇抜な部類に入るのでたま〜に使う感じですが、やっぱり背負っていて気分が良くなります。何よりPC収納ポケットがあるのは所有している鞄の中でも唯一こちらだけ。大事に使っていきたいと思います。

強いて欠点を取り上げるならば、サイズ感でしょうか。

若干小さめのサイズ感になっているので、男性が背負うとすこしかわいい感じになってしまいます。

女性が背負うと背中を覆ってくれてスタイリッシュな雰囲気になるんじゃないかな〜と思います。

 

 

 

 

3.服装を選ばないコムデギャルソンの万能バックパック

 

3点目はこちらも我らが日本が誇るモードブランドのコムデギャルソンのバックパックです。

毎年マイナーチェンジをしながら?リリースされているギャルソンの定番のアイテムの1つです!

サイズ展開も小さいサイズ大きいサイズ2展開。潔いですね。

シンプルイズベスト。

カジュアルなシーンや普段使い、モードのような高級な服と合わせる時でも合わせられ、シンプルでいながら洗練されたデザインは、デザイナー川久保玲さんの拘りが感じられます。

 

 

こんなんどこにでもあるリュックやん?ア◯なの?と思われるかもしれませんが、侮るなかれ。

背負った時のシルエットがそんじょそこらの安物バックパックとは一線を画しています。本当に綺麗なシルエット。

結構背負った時にダサくなるバックパックって多いんですよね〜!色んなバックパックを使ってきましたが、このバックパックがダントツの美しさと使いやすさを誇っています。

 

 

非常にシンプル。タグがなければギャルソンと気づく人がいないかもしれないデザイン。気づかれる必要ないんだけど。

マークジェイコブスのキーホルダーとUNDERCOVERのデザイナー高橋盾さんに影響を受けた時の名残でデカい安全ピンを付けてます。

三十路のオサーンになってきたので、そろそろこういうジャラジャラしたやつはやめようかな〜とか思ってます。どんどんシンプルになりたくなってくるっていう。

 

 

外ポケットも大きめですが、メイン収納部も大容量!小旅行ぐらいなら余裕です。

もちろんPCも収まります。

学生であれば参考書等なんかを収納しつつ、弁当なんかも突っ込みたいという場合もあるかと思います。そんな欲張りな人も満足な大きさ。

実際僕も普段使いはこれが1番利用頻度が多いです。シンプルで使いやすいですし広いので。結局こういうのが1番なんですよ。

 

こんな感じです!

1番よく使っているのはやはりこのギャルソンですね〜!

内部ポケットとかない分、大容量で食材の買い物なんかでも使ったりします。

ちなみに小さい方は一般的なデイパックぐらいのサイズ感で、僕が使っているこちらの大きい方はバックパックと呼ぶに相応しいサイズ感です。

カップルでサイズを変えてお揃いにしてもオシャレかもしれませんね。

 

 

 

 

4.番外 NIKEの海外限定ウエストポーチ

 

最後はバックパックではありません。番外編ということで、ウエストポーチを載せておきます。

最近はボディバックとか呼ぶみたいですね。

いつも愛用しているのがこちら↓

 

 

NIKEのウエストポーチです。海外限定らしいです。

使い勝手の良い大きさとシンプルなデザインに一目惚れして購入。ネットの市場や、フリマアプリなんかで入手できます。

 

 

約40cmぐらいの横幅なので、結構大きめなのかな?

内側にはメッシュポケットがあるんですが、何故かタグが変な位置にあって、開閉の時邪魔ですw

 

 

書類やPC、タブレットやスーパーへの買い出しがない時の手荷物は大体こんな感じ。

モバイルバッテリーと長財布、500mlのペットボトルも収納できるのでフェスなんかでも活躍するかもしれません。

 

ギャルソンのバックパックに次いでよく利用するのがこちらのNIKEのウエストポーチ

シンプルですし、荷物の少ない男子としてはこんくらいがちょうどいいってやつです。

今のところ不備も不満も全くないけど、ロゴのタグがちょっと安っぽい感じが出てます(^_^;)

数年後剥がれるかも感はありますが、まぁいいかという感じですw

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回はファッションネタを投稿してみました。スーツなんかに合わせるビジネス用の鞄と食材を買う時に使う買い物袋を除けば手持ちのバックパックはこの4点のみ。

もうこのラインナップで充分です。

バックパックも様々なデザインの物が展開されているので結構何を買ったら良いか悩んだりすると思いますが、参考になれば幸いです。

今後もTシャツ特集やアウター特集、それからスニーカー特集なんかも企画しているのでよろしくお願いします。

では。

2 件のコメント

  • はじめまして。

    「・・・日本では独自の解釈をされていて、登山用の大型のものは「バックパック」、日常生活で使う小型のものを「リュックサック」と呼ばれている傾向にあるみたいです。」
    と記事の中にありますが、私は10年以上登山をしていますが、登山をする人がリュックを「バックパック」と言うのは一度も聞いたことがありません。
    登山者が使う言葉は、「ザック」あるいは「リュック」ですね。

    実際、バックパッカーは登山者ではなく、(スーツケースを持たない)旅行者を指す思いますので、バックパックは旅行用の大型なものという使い方がメインのような気がします♪

  • コメント付けていただきありがとうございます!
    そうなんですね〜!浅はかな知識を書いてしまってすいませんでした。遊びで数回しかしたことがないので、そちらの界隈のお話は知りませんでした!
    貴重なご意見ありがとうございます^ ^
    ファッションの世界って何でも「オシャレだから」みたいな理由で言葉を取り入れたりするのでそんな感じで取り入れられたんですかね〜。
    昔はバックパックなんて呼び方聞いたことなかったですし。
    今後も当ブログをお願いします!コメントもガンガン下さい◯

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です