激カワ!アラジンのグラファイトトースターを9ヶ月使った感想

スポンサードリンク



一人暮らしを機にオーブントースターを探した

 

こんにちは!タツノオトシゴです。

今回はキッチン用品のお話です。

去年の9月から前職を辞めて動物園みたいな寮を出て、アパートを借り、1人暮らしを始めました。

必須家電を揃えた後にふと、トースターも欲しいな〜と思い、シャレオツでリーズナブル、必要最低限の機能を揃えたトースターはないかな〜?と思い立ちネットを駆使してトースターを探してみました。

最近は電子レンジにオーブンの機能を備えたものがリリースされていますが、大体そういった高機能な電子レンジは高価なものが多いんですよね。

既に中古でPanasonic製の電子レンジを買ってしまっていた僕はオーブントースターを買うことに決めました。

 

 

見た目が可愛いのに限って海外製

 

てなわけで、ネットでオーブントースターを検索すると本当に色んな種類のオーブントースターが出てきます。

僕はこんなナリして家具なんかは北欧系ナチュラル系テイストのものが好きなので、そんな感じのレトロで、ウッディーな雰囲気の部屋に合うデザインのオーブントースターを見つけることを第1条件にしました。

色々探してみたけど、かわいいデザインのオーブントースターは海外製だったりします。

日本製は安心できるけど、ボタンがごちゃごちゃしていて何だかカッコ悪いものが多い印象…。

他の家電にも言える傾向ですね〜。

 

第2に拘りたかったのはやっぱり機能面

実家にあった古いトースターはパンだけじゃなく、餅やピザなんかも焼けたので、トースター以外にも軽く調理に使えるというのも必要だな〜、ということで、それらを条件に探してみました。

ネットをあさって出会ったのがこちら↓

 

アラジンというメーカーのグラファイトトースターという商品。

アラジンを聞きなれない方も多いかと思いますが、アラジンのブルーフレイムヒーターは見たことある方多いんじゃないでしょうか?

僕も実家時代はブルーフレイムヒーターを使用してました。

ブルーフレイムヒーターはそのデザイン性と素晴らしい機能性で愛用者が多いストーブでもあります。

そんなアラジンからオーブントースターがリリースされているのは知りませんでした!

初めて見かけてからすぐに一目惚れしました。

Amazonのページで料金やレビューを見つつ、Youtubeの使ってみた動画を観てよく調べてから買うのがクセになっているので、いつも通りチェックして購入を決意。ブラックと迷いましたが、グリーンをポチりました!

 

 

購入したった

 

そうして購入して届いたのが、確か10月頃。

箱には説明書保証書本体が入っていました。

細部を見ていきます。購入してからすぐに撮影しておくべきだったんでしょうが、最近記事にしようと思いついたので仕方ありません。多少汚いですがご了承下さい。

操作ツマミはシンプルに2種類だけ!

やっぱりシンプルなものが1番!

 

 

温度調整100℃〜280℃までと幅広く対応しております。

それぞれの温度によって調理できる料理が画像から見て右側面のボディ部分と説明書に記載してあるのが嬉しい心遣いですね!

大体のメニューが280℃で作れます。

 

 

もう一方は時間調整ツマミ。

この辺は他のオーブントースターとあまり違いはありませんね。

 

 

パンくずトレーは取り外しが簡単にできます。

こちらは定期的に掃除しておくといいと思います。

僕は最近手入れしてませんでした。汚くて本当にすいません。

 

 

中はこんな感じ。

唯一残念なのは中の金具が取り外しができない点。

手入れの際は濡れた付近と重曹を染み込ませた布で手入れしているんですが、とても大変です。

そこまで困ることはないけれど。

↓の重曹スプレーがとても汚れが取れて優秀なのでついでに紹介しておきます。

後程キッチンの掃除記事を企画しているので、その際に詳しく紹介します。お楽しみに。

 

 

 

ざっとこんな感じです。

とてもシンプルですね。グリーンカラーも思った通りすごく可愛いです。

 

 

アラジン グラファイトトースターの強み

 

この一見かわいいだけのただのオーブントースターに見えるアラジンのグラファイトトースターですが、実は従来のオーブントースターとは一線を画す必殺技を備えてるんです!

それが世界初・業界唯一の特許技術を取得した『遠赤グラファイト』という技術。

 

「遠赤グラファイト」とは、株式会社千石の特許技術で、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材です。熱伝導率は銅の2~4倍です。遠赤外線量は同社カーボンの1.2倍といった特性を持ち、アラジンブランドの暖房機「グラファイトヒーター」として既に展開しています。

 

とのこと!

上記の説明だと専門用語が飛び交っていてよくわからないので、どれぐらいの凄さかというと、食パンを約1〜2分で焼き上げてしまうほどの強力さです。

遠赤グラファイトの力で僅か0.2秒で発熱し、、庫内を短時間で一般製品より30℃も高くします。

これにより短時間でカリカリに焼き上げることを可能にしたんだとか!

 

 

購入から9ヶ月程使ってみたリアルな感想を料理と共に紹介

 

では、ここからは実際に僕が今までアラジンのグラファイトトースターを使った感想を、作った料理の写真を添えて紹介します!

当然1番良く作るのはトースターですね。

市販の食パンは賞味期限が近づいてくるとパサパサになってくるので、僕は冷凍保存しています。

冷凍した食パンもグラファイトトースターにかかればしっかりカリカリ、もちもちに仕上げてくれます。

トースターはあまりにも日常的な食べ物すぎて写真をあんまり撮ってないのですが、他の料理と撮ったのがかろうじてあったので載せときます。

 

 

画像はあえて焦がしてますが、もちろん時間調整ツマミで焼き加減も調整可能です。

食パンもソフトに焼いた状態も美味しいですが、カリカリに焦がしたのも美味いんですよね〜。

0.2秒で発熱という通り、ツマミを回すと瞬時に発熱します。

どこかレトロなラジオのような石窯風の見た目がかわいいですね〜

温めるとオレンジに光って素敵です。

 

 

トースト以外だとこんなの作りました↓

 

 

ハムとシメジをクリームソースをかけて挟んだクロックムッシュ

チーズたっぷりで!

 

 

スイートポテト。

食物繊維を摂る目的でサツマイモを食べようと思い、美味しく食べるためにスイートポテトにしてよく作ります。

いっぱい作っておくと冷蔵で1週間くらい持っていいおやつになります。

 

 

白身魚と彩野菜のグリル。

メカジキなんかのクセのない魚をパン粉とクレイジーソルトを降って作った調味粉でグリルした一品です。

ちなみにトレーは付属でついてきます。

 

 

ローストポーク作った時の。

180℃でじっくりローストしていくと柔らかいローストポークが出来ます!

 

 

まとめ

 

ご覧の通り、トースト以外の料理でもしっかり仕事してくれます

スチームとか多機能なオーブンレンジも良いですが、こんな感じのオーブントースターもオススメです。

 

グラファイトトースターのメリット・デメリット

メリット

  • 遠赤グラファイトの技術で0.2秒で発熱!すぐにトーストを焼けるので時短になる
  • シンプルな操作性
  • 意外と色んな料理に対応してる
  • 軽くコンパクト
  • とにかく可愛い!置いておくだけで幸せになるインテリア性がバツグン!

デメリット

  • 中の金具が外せないので掃除の際に不便

 

という感じです。

デメリットは探すのが難しかったです。上記ぐらいしか思い浮かびませんでしたね。

1人暮らしでたま〜に料理するぐらいの方であれば充分な機能性だと思います。

本格的にスチーム調理などしたい方には物足りないかもしれませんが、インテリア性は個人的にバツグンだと思いますね!本当に置いておくだけで可愛いです。

カラーバリエーションもいくつかあって、色んな部屋に合うようなデザインになってます。ブラックも可愛いですね〜。

 

以上、アラジングラファイトトースターについて書きました。

今後もちょいちょいキッチンツール紹介するかもしれないのでお楽しみに!

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です